世界のイチロー

オープン戦、開幕戦の2試合を観て、打席に入るまでのルーティン

ベンチからライトのポジションまで全力疾走で走っ行く姿。


どんなに結果が悪くても、変わらない姿勢。


自分に置き換えて、僕には出来ない継続する力。


四球を選び、バットをその場に置く姿、バットへの思いやりを感じるバットの置き方だった。


有難うとバットに言っているような、バットへの優しさを感じました。


同じ気持ちになった人もいると思います。


途中交代で、ベンチに戻るイチロー選手に、相手チームの選手もベンチで立ち上がり、イチロー選手へ拍手を送る。


イチロー選手が残してきた事の大きさを感じる。


彼を見ていて、学ぶ事しかないくらい、勉強になる。


オリックスで一緒にいる時も、同じ気持ちだった。


イチロー選手の話です。


成長し続けるという事は、前進と後退を一歩づつ繰り返しながら成長する。

つまり、後退も、成長に向けた、大切なステップだと語っている。


今の状況の自分を受け入れる。

今、自分の出来る事を全力でやる。


前向きで、強い心を持つ考えである。


自分自身の心に問いかけ成長し続けたいと思います。


イチロー頑張れ!


0回の閲覧

兵庫県宝塚市中筋山手7丁目6-9

​takarazukaboys@baseballspirits.org 

  • Facebook
  • Instagram

​宝塚ボーイズ / NPO法人ベースボールスピリッツ / 公式ホームページ / ボーイズリーグ 

© 2023 by Name of Template. Wix.comで作成したホームページです。